Essays of Love Ballad

home
Spotify Share
Photo Gallery
Lyric page
Essays
商取引法に基づく表記
Love Ballad Works
  • Love Ballad is sending message of love on JPOP and rock music.
  • So he is training everyday about his mind trainning as one.
  • So brighter image set in his melody and music scene.
  • They suposed to sing of love with newer sensitive imagin.
  • Let's get any material for create new stage of life creation.
  • They sing in spiritual mind through the out.
  • Bringing everything on them song creation is set us freedom message of the earth.
  • We hope peaceful world by our song listen however it is only moment.
  • They bringing us to most valuable place of love on music.
Love, Believe, Hope
  • 私たちはいつも、そこに徳が生じるとき、自分を抑え、利他的に動くことをモットーにしている。
  • また、時には、全てにおいて、自分が得することが、損得において、一番利益が多い時、自分たちがそれを得るものとしている.
  • すなわち、徳が大きい方に、動くために、人を立てたり、自分が出たりする。
  • 基本的に平和を愛し、諍いを憎み、罪を憎んで人を憎まず野精神で、そこに罪が生じる場合、その罪が償われることを望むが、その人自身を過度に憎まないことに日々努めるものとする。
  • 人のためになにかを行うことを仕事と熟知し、有償無償問わず、社会に貢献することに常に努めるものとする。
  • 常に顧客のニーズに100%答えることをモットーとし、そこに個人的感情を持ち込んだり、その他利己的な利益を第一には考えないものとする。
聖書年表
  • アダム(B.C4026):天地創造の7日目に神が作った、自分の友人としての、土からかたどられた分身で、イブとともに完全な人間として、エデンの園におかれた。善悪の知識の実を除いてすべてを神からゆだねられ、名前を付ける任務を帯びていた。
    サタン(初めからの蛇)によって、「なんで神が、善悪に知識の実を食べてはいけないと言ってるか知ってるか」といい、「きっと、食べたら、お前らが神に勝っちゃうからじゃない?」とイブをそそのかした。
    そして、アダムもイブのいうことを信じ、神を裏切って、その実を食べた。そこに入っていたのは、病気、飢え、死、苦役、怒り、憎しみ、憎悪など様々な、苦であった。
    神を裏切った、アダムとイブは、エデンを追放され、それ以降、彼らの子孫すべてに、その罪が継承された。
  • み使いと呼ばれる天使たちは、人間の女性の心と体が美しいことに気が付き、交わり、勝手放題に子をもうけた。その子供たちは、ネフィリムと呼ばれ、子供を作れない、巨人であった。ギリシャ神話の神々もこのネフィリムなどをまつっている可能性がある。
  • そして、人間が、終始悪い方向へ心が向くので、神は、人間をつく多ことを後悔された。
  • そして、義人、ノア(B.C2970)に未来を託し、箱舟を作らせ、ノアとその妻、と子供と、一対の動物、食料を積んだ。人々は、それをバカにした。
  • そして、ついに神は、天の水門を開きノアの大洪水(B.C2370)が起こった、。
  • ノアは600年生き、その子孫アブラハム(B.C2018)は、ノアの死後100年後。
  • (B.C1943)神はアブラハムと、アブラハムの子孫から、救世主メシアが生まれることを契約された。アブラハム契約。:義人であったため神に是認された。
  • アブラハムは正妻がいたが、子作りができない年だったため、そばめと交わらさせられ、イシュマイル(B.C1922):イスラム教のマホメッドの先祖。
  • そして、アブラハムは、100才を超えて、正妻と交わることが奇跡的にできるようになり、イサクを生んだ。(B.C1918):イスラエル12部族の先祖で、アブラハムには7人の子、一人はのっぽであとはちびののっぽ(心が)である。
  • アブラハムは、そのイサクを、神にいけにえにすように言われた。そして、その通りしようとしたが、心臓をえぐろうとしたとき、神のとがめられ、そこで、是認された。信仰のために、自分の子を差し出す従順を認められた。
  • イサクの子はエサウと、ヤコブ(B.C1858)=イスラエルがいて、
  • ヤコブの子ら、イスラエル12部族の族長を生んだ。
    ルベン
    シメオン
    レビ
    ユダ
    ダン
    ナフタリ
    ガド
    アシェル
    イッサカル
    セブルン
    ヨセフ
    べニアミン
    飢饉のため、エジプトに移住(B.C1728)奴隷になる。
  • そのヘブライの民は、隷属しながら、モーセ(B.C1593)を生み、ナイル川をに流して、王家に拾われた。そして、エジプトの、石切り場からの、奴隷と丸太による、オベリスクや神殿の作成法:丸tの上を引き、後ろに残った丸太を前に運ぶ
    や、砂で坂を作りせき止めて、縄で引っ張って落として立てる。など。を学び、また風呂桶の中に、大きな石、石、砂利、砂、土の層を重ね、そこに汚水を通し、桶の栓から、浄水するを学んだ。
  • 奴隷(ヨシュア)を助け罪に問われた、モーセは奴隷となり、逃げおおせて、まことの神に出会う。そして、創造主であるエホバ神による10の災いにより、エジプトを出て、おってきた、エジプト軍を、日の柱で食い止め紅海を割って、アラビア半島にわたった(B.C1513)。そして、エジプト軍を、海に沈めた。
  • そして、モーセは、山にこもり、十戒を、神の炎の指によって刻まれた、石板によって、律法契約を結んだ。イスラエル建国。
  • 40年間、荒野をさまよい、食べ物がなくなると、神は、マナを降らせて養った。
  • (B.C1473)ヨルダン川を渡りカナンの地(約束の地)に入り、定住する。
  • 裁き人の時代。
    サウル王(B.C1117-1069):ベニアミン族
    ダビデ王(B.C1070-1038):ユダ族:ダビデの王国契約。
    ソロモン王(B.C1037-998):10部族は戦争の酔って滅亡(北イスラエル王国:ヤラベアム(B.C997~)):ヨナ(敵の中の奥さんで、かくまってくれた)アッシリアによって滅亡
    残り2部族。ユダ、ベニアミン:ユダ王国(レハベアム(B.C997~))
  • (B.C607)バビロンのネブカドネザル王によって、ユダ王国滅亡。捕虜として、バビロンに入る。:火の舌。
  • バビロニンは、天に届く、バベルの塔を建築、破壊と再建が繰り返される。:らせん式水揚げ機。空に浮かぶ城。チグリス・ユーフラテス川。
  • メディアペルシアによって解放。(B.C537)。
  • 石板や羊皮紙、パピルスなどに書かれた、聖書の中身は、写字生エズラ(B.C498~400年)によって、ヘブライ語聖書編さん。
  • ペルシアは、ギリシャのアレクサンドロス王(B.C356~332)により滅亡。ガウガメラの戦い。
  • (B.C480ころ、エステルによってヘブライの民ユダヤ人は救われる)。(B.C455)神殿再建。献酌官ネヘミアによってギリシャの王妃アヘシュエロスに仕えて、ギリシャ文明を学んだ。
  • ギリシャも、ローマ帝国によって後勢に(カエサル・アウグスツス(B.C27~AD14)
  • イエス(B.C2~A.D33)は、神の独り子として、処女マリアに宿る。
  • イエスはヨハネによってバプテスマを受ける。(A.D29:30才)
  • その後、イエスは、民の病を癒しながら、巡業したが、イスラエルの王であるイエスを疎んだ、支配者が、イエスの弟子に偽証させそれにより罪に問われ、槍でつかれ、杭を背負い荒野の真ん中に運ばれ、両手のひらを重ね釘で杭に打たれ処刑された。(A.D33)33才。このイエスが完全である肉体を捨て、亡くなってくださったために、神を裏切った人間に介在する罪が贖われた。
  • 異教徒パウロは、神によって、目が見えなくなったが、改心して目から鱗が落ち、信者になった。(A.D36)
  • パウロの処刑(A.D65)、エルサレムの滅び(A.D70)、使徒ヨハネの死(A.D100)。
TPP, FTA
  • 現在、立ち消えになった、TPPには、日本がかねてから、除外品目にしようとしていた
  • 米、牛肉は、実は、日本の強力な武器となりえます。
  • 魚沼産のコシヒカリが、アメリカの、寿司バーや、オーストラリアの高級なレストランなどで
  • 関税0で出回ったら、黒毛和牛のA5ランクのサーロインが、アメリカ、や、オーストラリアのステーキハウスで関税0で出回ったら、
  • 企業努力を積んだ、国産肉が強い味方となります。
  • 逆に、アメリカにとって、も、アメリカの機械産業や、最先端技術は、関税ゼロで出回ったら、消費者は飛び上がって喜びます。
  • 弱小には厳しいですが、努力したものが勝ち残る、自由競争の市場が広がるだけなのです。むしろ、そのほうが、経済が加速し、有能な企業だけが残るのは、当然の競争結果足りえます
  • その中でさらに生き残るには、新しいものを生み続け、買い替えを促すことです。魅力的な商品を、次々と生み出せば、古くなった商品のリサイクルシステムを構築すれば、
  • 破壊と再生、なしに、経済が回り、企業も、化学も進化します。その激戦に、企業をさらすことは、どの国にとっても有益なことで
  • 得意な分野を、一手に担うチャンスでもあります。そこで、出遅れてはなりません。アプローチはすでに行われています。
  • 新しい、エコノミックカンパニーの創設に踏み出すには、絶好の時です。
  • 減るのは、政府の税収だけで、購買運動は高まります。いいもの、各国を代表するものが、一団に会するからです。
  • 夢のようではありませんか?。どの国の商品も、関税がかからないのです。そこで、政府の取りうる策は、消費税の値上げのみとなり
  • 国税としての、消費税の値上げは、国を運営する以上、不可欠なことです。
  • 国は、次年度の予算として、国道、各省庁、自衛隊、国宝、国立公園、各自治体、消防、海上保安庁、県道、区道、町道、などの、設備投資費を繰越し、減った価値を、消費資産として計上する必要があります。
  • 同様に、企業も、デスク、パソコン、自動車、土地建物、その他、仕事に使うものすべてに、価値をつけ、設備投資費繰越金として計上します。減った分を消費資産として計上します。
  • これは憶測の範囲を出ませんが、世界恐慌の原因は、この設備投資費を、繰り越して伊那からと推測されます。

Copyright ©︎Grandcross.info site, all right reserved.